Saturday, August 02, 2008

<20080803>今週の日経平均の見通しと投資スタンス

[ファンダメンタルの現状認識]
2008年のGDP伸率予測値考慮後の日米市場のイールド・スプレッドの差は+2.1ポイントとなり、先週に比べ割安度は0.1ポイント減少しました。200日線乖離率差は2.1%割安となりました。先週比2.1ポイント割安度は増加しました。日本市場は米国市場に比べ売られ過ぎの状態です。今週はFOMCがありますが、引き続き原油の動向や日・米国の景気と企業業績、および為替が関心事です。

[日経平均上昇の条件]
今後、日経平均がさらに上昇する為には次の前提条件が必要と思われます。
①米国市場の上昇、
②従来以上の今期の予想増益率のUP、
③日米の金利差の拡大、
④日本の2008年GDP予測値(現在1.6%)の上方修正、
⑤外人の買い越し、
最近の動きを見ると、
①先週の米国市場は景気、原油と金融不安に対して強弱感が交錯し、方向感に乏しい動きとなりました。
②第三四半期決算発表の結果、日経225採用銘柄の今期予想増益率は世界景気の下ぶれにより先週末の-2.3%から-5.6%の減益予想に悪化しました。
③長期金利は日米とも低下傾向で、日米の金利差は2.5%から2.4%と縮小ぎみに推移して、為替は108円から107円と小動きながら円高ぎみの推移でした。今週も小動きな展開が予想されます。
④5月末に、OECDによる日米の2008年のGDP伸び率予測値が修正され日本が1.6%→1.7%となり、米国は2.0%→1.2%となりましたので、この面では日本市場にとって0.5ポイント強気材料となりました。OECD合計も2.3%→1.8%に下方修正され世界的にも景気減速が予想されている中、世界の投資家にとって日本市場が見直される根拠の一つとなりそうです。
⑤外人は7月第4週は小幅買い越しとなりましたが、7月5週は売り越しと思われます。今週も売り越しが予想されます。
5つのポイントのうち先週は②⑤が弱気材料でした。今週も決算発表結果と外人買いが入るかどうかがカギと思われます。

[テクニカル視点]
日本市場をテクニカル面で見ると、一目均衡表では、雲の下限を下に抜け、200日移動平均線乖離率は-7.6%となり先週と比較してマイナス幅は1.1ポイント拡大し、総合乖離率は-8.9%となりマイナス幅は3.9ポイント拡大しました。3つともマイナスですので中期上昇トレンドは、"赤信号"のままです。日本市場をより客観的に示していると考えられる日経平均のドル換算チャートでも一目均衡表の雲の下に抜け中期上昇トレンドは"赤信号"となっています。

[今週の見通し]
先週は米政府の住宅公社支援策の進展で安心感がでたものの、雇用減から景気後退が意識され、米市場は強弱拮抗しています。日本市場は四半期決算がマイナスに働き米国市場以上に売られた感じです。時間の経過とともにポリンジャーバンドの+2σの値(現在13650円)はどんどん低下していますので、ここから反転しても上値余地は限られてきました。日経平均はここから、もたついた動きになると下落リスクが高まります。


ブログランキング・アップに、ご協力をお願いします。
下のボタンをクリック!

今日の強気・弱気材料はこちら=>今日の強気・弱気材料

注目銘柄、日経平均チャートについてはYS総合研究所HPも参考にしてください