日経225平均
日経平均株価チャート

中国 上海総合
中国 上海総合

インド SENSEX30
インドSENSEX30

イギリスFTSE100
イギリスFTSE100チャート

こちらをプチ=>シカゴ日経225先物リアルチャートとNY Dow & Nasdaq

Wednesday, October 22, 2014

[2014/10/22]今後の日経平均の見通し

[市況]
21
日のNYDowNASDAQは大幅上昇しました。22日の日経平均先物は、前日比290円高で寄り付き、午前中は350円高から210円高の範囲でもみ合う動きでした。午後は420円高まで上げ幅が拡大する場面があり、結局380円高で取引を終わりました。日経平均の終値は391円高の15195円で、出来高は21.32億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は230万株の買い越しで、高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差はプラス転換しました。個別銘柄に関しては、やや「買い」が有利な状況です
21
日の米国市場は、ECBが追加の金融緩和策を検討していると報じられ、欧州市場が上昇したことやアップルの市場予想を上回る四半期決算が好感され買いが優勢となりました。
22日の日本市場では、米国市場の大幅上昇を受けて、買いが先行しました。午後は、為替の円安方向の動きもあり、先物主導で一段高となりました。

[テクニカル視点]
日経平均は、25日線の下に在りますが、9日線を上回りました。短期トレンドは赤信号から黄信号に変わりました。総合乖離率は-4.4%でマイナス幅が縮小しました。200日線との乖離率は+0.7%でプラス転換しました。日経平均は一目均衡表の雲の下に在ります。2つの要素がマイナスですので、中期トレンドは赤信号から黄信号に変わりました。
また、ドル・ベースの日経平均(海外投資家からの見た目)は、200日線、25日線の下に在りますが、9日線を上回りました。
NYDowは、25日線の下に在りますが、200日線、9日線を上回りました。一目均衡表では雲の下に在ります。
NASDAQは、200日線、9日線の上に在り、25日線を上回りました。一目均衡表では雲の下に在ります。米国市場の短期トレンドは黄信号が点灯しています。中期トレンドは黄信号が点灯しています。
日米市場の200日移動平均線と株価の乖離率の差(日経平均とNASDAQ)は、割安幅が0.2ポイント縮小して、中長期的には日本市場が1.9ポイント(日経平均で290円程度)割安(弱い動き)となっています。

[
ファンダメンタルの現状認識]
イールドスプレッドの日米差は、OECD2015年予想実質GDP伸び率の日米差(-2.3ポイント)と金利差、予想PERを考慮した結果、ファンダメンタル面では、中長期的に日本市場が米国市場に比べ 0.36イント(日経平均で840円程度)割安です
市場は現在、「アベノミクスによる日本経済のデフレ脱却の成否」、「世界の景気と金・穀物・原油価格の動き」、「米国の景気、雇用状況、住宅市況」、「米金融緩和縮小に伴う新興国市場の減速懸念」、「中東やウクライナ情勢を巡る地政学リスク」、「為替の動向」といった事柄を材料としているようです。
米国の4-6月期のGDP確報値4.6%となり改定値の4.2%を上回りました。4-6月期の米主要企業の決算発表内容は概ね良好な内容です。
経済指標では、10月のミシガン大学消費者信頼感指数速報値、10月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数、9月の鉱工業生産指数、9月のISM非製造業景況指数、9月のNY連銀製造業景気指数は市場予想を上回りましたが、9月の小売売上高、8月の製造業受注、9月のISM製造業景況指数、9月のシカゴ購買部協会景気指数、9月のコンファレンスボード消費者信頼感指数、8月の耐久財受注は予想以下でした。
9月の雇用統計は就業者数が前月比24.8万人増で、市場予測の21.5万人増を上回りました。また、失業率は先月の6.1%から5.9%に改善しました。
一方、住宅関連では、9月の中古住宅販売件数、9月の住宅着工件数、8月の新築住宅販売件数は予想以上でしたが、10月の住宅市場指数、8月の中古住宅販売仮契約は予想以下でした。7月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数は前月比で-0.5%と下落し、市場予想の0%を下回りました。連続2ヶ月の下落となりました。
目先の経済指標は予想以下が目立っていますが、米国の景気、雇用の回復は続いているとのコンセンサスは崩れていないようです。ただ、EUの景気後退が顕著で世界経済全体の先行き不透明感は残っています。
ギリシャ、ポルトガル、イタリア、スペインなど欧州各国の財政赤字国の国債金利は低い水準となり、金融システム不安再燃への懸念は今のところ無くなっています。ただ、G20での2013年に財政赤字半減との目標は2016年まで棚上げされ、需要不足からの世界景気の後退リスクが背景に有り、先進国の財政赤字に対する根本的な解決にはかなり時間が掛かりそうです。長期金利への影響やEUのデフレが懸念されます。
欧米日の金融政策を分析すると、FRBゼロ金利解除を検討する際の条件に関しては、労働市場やインフレ圧力など「幅広い指標を考慮する」との方針ですが、利上げ時期は近付きつつあるようですECBは政策金利の一段の引き下げに加え、民間銀行が中央銀行に預け入れる際の金利を-0.2%までマイナス幅を拡大し、一段の金融緩和に踏み込みました。日銀は昨年1月に2%のインフレ目標設定とマネタリーベースが、年間約6070兆円に相当するペースで増加するよう調整するとの立場を継続し、追加緩和にも含みを持たせていますので、ドルは円に対して高くなり易い環境に変化はありません。
金融不安の気配を知る上で、金融機関間の取引金利の推移に留意することが必要です。ちなみに、指標となるLIBORドル3ヶ月物金利のここ3日の推移は1016 0.2308% 1017 0.2314% 1020 0.2321%となっています。5月まで過去25ヶ月は低下傾向でしたが、5月からは上昇傾向です。2010年のギリシャ財政危機直前の20110503日の0.346%を下回っていますので、金融システム危機懸念は後退していることを示しています。ここ3年の最高金利は201215日の0.5825%でした。
一方、日経平均採用銘柄全体では、今期予想PER14.7で、PBR1.24となっています。4-6月期の決算発表に伴い、ROE8.5%となり、前四半期から減少傾向です。

[
今後の見通し]
日経平均は、NYDowの上昇に連動して上げました。その結果、NYDowに対する日経平均の短期的なプレミアム(ドルベース・為替考慮後)は-0.6%となり、日経平均は100円の割安で、割安幅が縮小しました。プレミアム値は、ここ一週間、-270円 ~+120円の間で推移しています。日本市場は、短期的にドル・ベースでは米国市場に比べ、一時強い動きに変わりましたが、今日は軟い動きが原則しました。
一方、日本市場を中長期的に米国市場と比較すると、ファンダメンタルには割安で、テクニカルにもやや割安です。
日経平均は、ここからも、米国市場をにらみながら、為替の動向が鍵となりそうです。為替面では日米金利差の推移が引き続き重要です。今日の長期金利差は1.72と拡大し、ドル円は、円安方向の動きでした。直近の米国長期金利は上昇して、円安圧力が強まりました。
テクニカルから見て、米国市場は中期もみ合いで、短期ももみ合いです。一方、日経平均は中期もみ合いで、短期ももみ合いです。
ファンダメンタル面では、中東情勢緊迫やウクライナ情勢、エボラ熱の世界経済への影響はどうなるか、米金融緩和縮小は新興国経済にどの程度影響するか、中国の不動産バブル崩壊はあるのか、新たな金融危機を誘発するか、その時期はいつか?など世界全体の景気後退懸念が、今後もリスク・シナリオとなりそうです。
目先の状況を分析すると、LIBOR銀行間金利は目先上昇ぎみながら低水準で推移しています。これは、最近の地政学リスクの高まりは当面信用不安に繋がる気配はなく、先進国の金融不安は当面回避されていることを示しています。ただ、上海銀行間取引金利の目先は落ち着きつつありますが、中国の不動産価格は下落傾向で、引き続きシャドーバンキング問題と不動産バブル崩壊に注意が必要です。また、各国の長期金利の低下や原油など商品市況の低迷など世界景気の減速懸念は払拭されない中、米国市場では、目先の住宅指標に弱い物も出てきましたが、雇用とその他の経済指標は改善傾向との基本認識は崩れていません。FRBは米景気を改善傾向と判断し、短期金利の超低金利政策を当面継続するものの、量的緩和は予定通り終了するようです。ただ、米国の長期金利は低迷しており、米国の景気も中長期的には自信が持てないことを示唆しています。一方、欧州市場では景気が低迷しており、ECBがマイナス金利幅拡大などさらに一段の金融緩和に踏み切りました。ユーロ安傾向の主な原因と考えられます。このような相場環境の中、22日の米国市場では、9月消費者物価やダウ・ケミカル、ボーイング、AT&Tなどの四半期決算が注目されそうです。

今日の日経平均は、想定した範囲を上ブレしました。上値は想定ラインを130円ほど上回り、下値は想定ラインを430円ほど上回りました。目先の日経平均の想定範囲は、上値がボリンジャーバンド-1σ+200(現在15320円近辺)で、下値がボリンジャーバンド-1σ-300(現在14820円近辺)の間での動きが想定されます


ブログランキング・アップに、ご協力をお願いします。
右のボタンをクリック!

世界の市場のリアルチャートはこちら世界の市場のリアルチャート

Monday, October 20, 2014

[2014/10/21]今後の日経平均の見通し

[市況]
20
日のNYDowNASDAQは上昇しました。21日の日経平均先物は、前日比10円安で寄り付き、午前中は10円安から150円安の範囲で下げ幅を広げる動きでした。午後も下げ幅を360円安までさらに拡大する場面がありましたが、結局340円安で取引を終わりました。日経平均の終値は306円安の14804円で、出来高は22.56億株と比較的低水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は280万株の売り越しで、高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差はマイナス幅が拡大しました。個別銘柄に関しては、「売り」が有利な状況です
20
日の米国市場は、急落後のリバウンドを期待した買いが継続しましたが、7-9月の減収減益を発表したIBMの下落が影響してNYDowは小幅高に留まりました。
21日の日本市場では、前日に急伸した反動やさえない中国の7-9月期GDPの発表、昨日の上げ要因となったGPIFの株式買い付け枠拡大について塩崎大臣の承知していない発言などが重荷となり、利益確定売りが広がりました。

[テクニカル視点]
日経平均は、25日線、9日線の下に在ります。短期トレンドは赤信号が点灯しています。総合乖離率は-12.2%でマイナス幅が拡大しました。200日線との乖離率は-1.9%でマイナス転換しました。日経平均は一目均衡表の雲の下に在ります。3つの要素がマイナスですので、中期トレンドは黄信号から赤信号に変わりました。
また、ドル・ベースの日経平均(海外投資家からの見た目)は、200日線、25日線の下に在り、9日線を下回りました。
NYDowは、200日線、25日線、9日線の下に在ります。一目均衡表では雲の下に在ります。
NASDAQは、25日線の下に在りますが、200日線、9日線を上回りました。一目均衡表では雲の下に在ります。米国市場の短期トレンドは赤信号から黄信号に変わりました。中期トレンドは赤信号から黄信号に変わりました。
日米市場の200日移動平均線と株価の乖離率の差(日経平均とNASDAQ)は、割安に転換して、中長期的には日本市場が2.1ポイント(日経平均で310円程度)割安(弱い動き)となっています。

[
ファンダメンタルの現状認識]
イールドスプレッドの日米差は、OECD2015年予想実質GDP伸び率の日米差(-2.3ポイント)と金利差、予想PERを考慮した結果、ファンダメンタル面では、中長期的に日本市場が米国市場に比べ 0.44イント(日経平均で980円程度)割安です
市場は現在、「アベノミクスによる日本経済のデフレ脱却の成否」、「世界の景気と金・穀物・原油価格の動き」、「米国の景気、雇用状況、住宅市況」、「米金融緩和縮小に伴う新興国市場の減速懸念」、「中東やウクライナ情勢を巡る地政学リスク」、「為替の動向」といった事柄を材料としているようです。
米国の4-6月期のGDP確報値4.6%となり改定値の4.2%を上回りました。4-6月期の米主要企業の決算発表内容は概ね良好な内容です。
経済指標では、10月のミシガン大学消費者信頼感指数速報値、10月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数、9月の鉱工業生産指数、9月のISM非製造業景況指数、9月のNY連銀製造業景気指数は市場予想を上回りましたが、9月の小売売上高、8月の製造業受注、9月のISM製造業景況指数、9月のシカゴ購買部協会景気指数、9月のコンファレンスボード消費者信頼感指数、8月の耐久財受注は予想以下でした。
9月の雇用統計は就業者数が前月比24.8万人増で、市場予測の21.5万人増を上回りました。また、失業率は先月の6.1%から5.9%に改善しました。
一方、住宅関連では、9月の住宅着工件数、8月の新築住宅販売件数は予想以上でしたが、10月の住宅市場指数、8月の中古住宅販売仮契約、8月の中古住宅販売件数は予想以下でした。7月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数は前月比で-0.5%と下落し、市場予想の0%を下回りました。連続2ヶ月の下落となりました。
目先の経済指標は予想以下が目立っていますが、米国の景気、雇用の回復は続いているとのコンセンサスは崩れていないようです。ただ、EUの景気後退が顕著で世界経済全体の先行き不透明感は残っています。
ギリシャ、ポルトガル、イタリア、スペインなど欧州各国の財政赤字国の国債金利は低い水準となり、金融システム不安再燃への懸念は今のところ無くなっています。ただ、G20での2013年に財政赤字半減との目標は2016年まで棚上げされ、需要不足からの世界景気の後退リスクが背景に有り、先進国の財政赤字に対する根本的な解決にはかなり時間が掛かりそうです。長期金利への影響やEUのデフレが懸念されます。
欧米日の金融政策を分析すると、FRBゼロ金利解除を検討する際の条件に関しては、労働市場やインフレ圧力など「幅広い指標を考慮する」との方針ですが、利上げ時期は近付きつつあるようですECBは政策金利の一段の引き下げに加え、民間銀行が中央銀行に預け入れる際の金利を-0.2%までマイナス幅を拡大し、一段の金融緩和に踏み込みました。日銀は昨年1月に2%のインフレ目標設定とマネタリーベースが、年間約6070兆円に相当するペースで増加するよう調整するとの立場を継続し、追加緩和にも含みを持たせていますので、ドルは円に対して高くなり易い環境に変化はありません。
金融不安の気配を知る上で、金融機関間の取引金利の推移に留意することが必要です。ちなみに、指標となるLIBORドル3ヶ月物金利のここ3日の推移は1015 0.2281% 1016 0.2308% 1017 0.2314%となっています。5月まで過去25ヶ月は低下傾向でしたが、5月からは上昇傾向です。2010年のギリシャ財政危機直前の20110503日の0.346%を下回っていますので、金融システム危機懸念は後退していることを示しています。ここ3年の最高金利は201215日の0.5825%でした。
一方、日経平均採用銘柄全体では、今期予想PER14.3で、PBR1.21となっています。4-6月期の決算発表に伴い、ROE8.5%となり、前四半期から減少傾向です。

[
今後の見通し]
日経平均は、NYDowの上昇に連動して上げました。その結果、NYDowに対する日経平均の短期的なプレミアム(ドルベース・為替考慮後)は-1.3%となり、日経平均は210円の割安で、割安に転換しました。プレミアム値は、ここ一週間、-230円 ~+120円の間で推移しています。日本市場は、短期的にドル・ベースでは米国市場に比べ、一時強い動きに変わりましたが、今日は軟い動きに戻りました。
一方、日本市場を中長期的に米国市場と比較すると、ファンダメンタルには割安で、テクニカルにもやや割安です。
日経平均は、ここからも、米国市場をにらみながら、為替の動向が鍵となりそうです。為替面では日米金利差の推移が引き続き重要です。今日の長期金利差は1.67と縮小し、ドル円は、円高方向の動きでした。直近の米国長期金利は低下して、円高圧力が強まりました。
テクニカルから見て、米国市場は中期もみ合いで、短期ももみ合いです。一方、日経平均は中期下降トレンドで、短期も下降トレンドです。
ファンダメンタル面では、中東情勢緊迫やウクライナ情勢、エボラ熱の世界経済への影響はどうなるか、米金融緩和縮小は新興国経済にどの程度影響するか、中国の不動産バブル崩壊はあるのか、新たな金融危機を誘発するか、その時期はいつか?など世界全体の景気後退懸念が、今後もリスク・シナリオとなりそうです。
目先の状況を分析すると、LIBOR銀行間金利は目先上昇ぎみながら低水準で推移しています。これは、最近の地政学リスクの高まりは当面信用不安に繋がる気配はなく、先進国の金融不安は当面回避されていることを示しています。ただ、上海銀行間取引金利の目先は落ち着きつつありますが、中国の不動産価格は下落傾向で、引き続きシャドーバンキング問題と不動産バブル崩壊に注意が必要です。また、各国の長期金利の低下や原油など商品市況の低迷など世界景気の減速懸念は払拭されない中、米国市場では、目先の住宅指標に弱い物も出てきましたが、雇用とその他の経済指標は改善傾向との基本認識は崩れていません。FRBは米景気を改善傾向と判断し、短期金利の超低金利政策を当面継続するものの、量的緩和は予定通り終了するようです。ただ、米国の長期金利は低迷しており、米国の景気も中長期的には自信が持てないことを示唆しています。一方、欧州市場では景気が低迷しており、ECBがマイナス金利幅拡大などさらに一段の金融緩和に踏み切りました。ユーロ安傾向の主な原因と考えられます。このような相場環境の中、21日の米国市場では、9月の中古住宅販売件数やコカ・コーラ、マクドナルド、トラベラーズなどの四半期決算が注目されそうです。

今日の日経平均は、想定した範囲内の動きとなりました。上値は想定ラインを90円ほど下回りましたが、下値は想定ラインに後50円ほどまでに接近しました。目先の日経平均の想定範囲は、上値がボリンジャーバンド-1σ-50(現在15100円近辺)で、下値がボリンジャーバンド-2σ(現在14610円近辺)の間での動きが想定されます


ブログランキング・アップに、ご協力をお願いします。
右のボタンをクリック!

世界の市場のリアルチャートはこちら世界の市場のリアルチャート

[2014/10/20]今後の日経平均の見通し

[市況]
17
日のNYDowNASDAQは大幅上昇しました。20日の日経平均先物は、前日比390円高で寄り付き、午前中は370円高から520円高の範囲で上げ幅を広げる動きでした。午後も上げ幅をさらに拡大する動きとなり、結局590円高で取引を終わりました。日経平均の終値は578円高15111円で、出来高は23.80億株と比較的高水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は290万株の買い越しで、高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差はマイナス幅が縮小しました。個別銘柄に関しては、「売り」が有利な状況です
17
日の米国市場は、欧州市場の大幅反発や9月の住宅着工件数が予想以上になったこと、また、GE、モルガン・スタンレーの企業決算が予想以上になるなど好材料が重なり大幅高となりました。
20日の日本市場では、先週末の米国市場の大幅高と円安進行を受けて、大幅高で始まりました。その後も買いが続き日経平均は500円以上の上昇となりました。

[テクニカル視点]
日経平均は、25日線、9日線の下に在ります。短期トレンドは赤信号が点灯しています。総合乖離率は-6.6%でマイナス幅が拡大しました。200日線との乖離率は+0.1%でプラス転換しました。日経平均は一目均衡表の雲の下に在ります。2つの要素がマイナスですので、中期トレンドは赤信号から黄信号に変わりました。
また、ドル・ベースの日経平均(海外投資家からの見た目)は、200日線、25日線の下に在りますが、9日線を上回りました。
NYDowは、200日線、25日線、9日線の下に在ります。一目均衡表では雲の下に在ります。
NASDAQは、200日線、25日線、9日線の下に在ります。一目均衡表では雲の下に在ります。米国市場の短期トレンドは赤信号が点灯しています。中期トレンドは赤信号が点灯しています。
日米市場の200日移動平均線と株価の乖離率の差(日経平均とNASDAQ)は、割高に転換して、中長期的には日本市場が1.2ポイント(日経平均で180円程度)割高(強い動き)となっています。

[
ファンダメンタルの現状認識]
イールドスプレッドの日米差は、OECD2015年予想実質GDP伸び率の日米差(-2.3ポイント)と金利差、予想PERを考慮した結果、ファンダメンタル面では、中長期的に日本市場が米国市場に比べ 0.36イント(日経平均で820円程度)割安です
市場は現在、「アベノミクスによる日本経済のデフレ脱却の成否」、「世界の景気と金・穀物・原油価格の動き」、「米国の景気、雇用状況、住宅市況」、「米金融緩和縮小に伴う新興国市場の減速懸念」、「中東やウクライナ情勢を巡る地政学リスク」、「為替の動向」といった事柄を材料としているようです。
米国の4-6月期のGDP確報値4.6%となり改定値の4.2%を上回りました。4-6月期の米主要企業の決算発表内容は概ね良好な内容です。
経済指標では、10月のミシガン大学消費者信頼感指数速報値、10月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数、9月の鉱工業生産指数、9月のISM非製造業景況指数、9月のNY連銀製造業景気指数は市場予想を上回りましたが、9月の小売売上高、8月の製造業受注、9月のISM製造業景況指数、9月のシカゴ購買部協会景気指数、9月のコンファレンスボード消費者信頼感指数、8月の耐久財受注は予想以下でした。
9月の雇用統計は就業者数が前月比24.8万人増で、市場予測の21.5万人増を上回りました。また、失業率は先月の6.1%から5.9%に改善しました。
一方、住宅関連では、9月の住宅着工件数、8月の新築住宅販売件数は予想以上でしたが、10月の住宅市場指数、8月の中古住宅販売仮契約、8月の中古住宅販売件数は予想以下でした。7月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数は前月比で-0.5%と下落し、市場予想の0%を下回りました。連続2ヶ月の下落となりました。
目先の経済指標は予想以下が目立っていますが、米国の景気、雇用の回復は続いているとのコンセンサスは崩れていないようです。ただ、EUの景気後退が顕著で世界経済全体の先行き不透明感は残っています。
ギリシャ、ポルトガル、イタリア、スペインなど欧州各国の財政赤字国の国債金利は低い水準となり、金融システム不安再燃への懸念は今のところ無くなっています。ただ、G20での2013年に財政赤字半減との目標は2016年まで棚上げされ、需要不足からの世界景気の後退リスクが背景に有り、先進国の財政赤字に対する根本的な解決にはかなり時間が掛かりそうです。長期金利への影響やEUのデフレが懸念されます。
欧米日の金融政策を分析すると、FRBゼロ金利解除を検討する際の条件に関しては、労働市場やインフレ圧力など「幅広い指標を考慮する」との方針ですが、利上げ時期は近付きつつあるようですECBは政策金利の一段の引き下げに加え、民間銀行が中央銀行に預け入れる際の金利を-0.2%までマイナス幅を拡大し、一段の金融緩和に踏み込みました。日銀は昨年1月に2%のインフレ目標設定とマネタリーベースが、年間約6070兆円に相当するペースで増加するよう調整するとの立場を継続し、追加緩和にも含みを持たせていますので、ドルは円に対して高くなり易い環境に変化はありません。
金融不安の気配を知る上で、金融機関間の取引金利の推移に留意することが必要です。ちなみに、指標となるLIBORドル3ヶ月物金利のここ3日の推移は1015 0.2281% 1016 0.2308% 1017 0.2314%となっています。5月まで過去25ヶ月は低下傾向でしたが、5月からは上昇傾向です。2010年のギリシャ財政危機直前の20110503日の0.346%を下回っていますので、金融システム危機懸念は後退していることを示しています。ここ3年の最高金利は201215日の0.5825%でした。
一方、日経平均採用銘柄全体では、今期予想PER14.5で、PBR1.23となっています。4-6月期の決算発表に伴い、ROE8.4%となり、前四半期から減少傾向です。

[
今後の見通し]
日経平均は、NYDowの上昇に連動して上げました。その結果、NYDowに対する日経平均の短期的なプレミアム(ドルベース・為替考慮後)は+0.1%となり、日経平均は10円の割高で、割高に転換しました。プレミアム値は、ここ一週間、-220円 ~+90円の間で推移しています。日本市場は、短期的にドル・ベースでは米国市場に比べ、弱い動きが続いていましたが、今日は強い動きが加速しました。
一方、日本市場を中長期的に米国市場と比較すると、ファンダメンタルには割安で、テクニカルにはやや割高です。
日経平均は、ここからも、米国市場をにらみながら、為替の動向が鍵となりそうです。為替面では日米金利差の推移が引き続き重要です。今日の長期金利差は1.73と拡大し、ドル円は、円安方向の動きでした。直近の米国長期金利は上昇して、円安圧力が強まりました。
テクニカルから見て、米国市場は中期下降トレンドで、短期は下降トレンドです。一方、日経平均は中期もみ合いで、短期は下降トレンドです。
ファンダメンタル面では、中東情勢緊迫やウクライナ情勢、エボラ熱の世界経済への影響はどうなるか、米金融緩和縮小は新興国経済にどの程度影響するか、中国の不動産バブル崩壊はあるのか、新たな金融危機を誘発するか、その時期はいつか?など世界全体の景気後退懸念が、今後もリスク・シナリオとなりそうです。
目先の状況を分析すると、LIBOR銀行間金利は目先上昇ぎみながら低水準で推移しています。これは、最近の地政学リスクの高まりは当面信用不安に繋がる気配はなく、先進国の金融不安は当面回避されていることを示しています。ただ、上海銀行間取引金利の目先は落ち着きつつありますが、中国の不動産価格は下落傾向で、引き続きシャドーバンキング問題と不動産バブル崩壊に注意が必要です。また、世界景気の減速懸念は払拭されない中、米国市場では、目先の住宅指標に弱い物も出てきましたが、雇用とその他の経済指標は改善傾向との基本認識は崩れていません。FRBは米景気を改善傾向と判断し、短期金利の超低金利政策を当面継続するものの、量的緩和は予定通り終了するようです。ただ、米国の長期金利は低迷しており、米国の景気も中長期的には自信が持てないことを示唆しています。一方、欧州市場では景気が低迷しており、ECBがマイナス金利幅拡大などさらに一段の金融緩和に踏み切りました。ユーロ安傾向の主な原因と考えられます。このような相場環境の中、20日の米国市場では、IBM、アップルなどの四半期決算が注目されそうです。

今日の日経平均は、想定した範囲内を大きく上回りました。上値は想定ラインを400円ほど上回り、下値は想定ラインを610円ほど上回りました。目先の日経平均の想定範囲は、上値がボリンジャーバンド-1σ+50(現在15280円近辺)で、下値がボリンジャーバンド-2σ+100(現在14820円近辺)の間での動きが想定されます


ブログランキング・アップに、ご協力をお願いします。
右のボタンをクリック!

世界の市場のリアルチャートはこちら世界の市場のリアルチャート