Sunday, September 26, 2010

[2010/09/26]今週の日経平均の見通しと投資スタンス

[ファンダメンタルの現状認識]
先週の米国市場は、高値警戒感で弱含む日もあったものの、個別の好材料や景気回復期待で、週間では大きく上昇しました。一方、中長期的には、先進国の消費や雇用の改善の動きは弱く、欧州の財政問題や金融改革法案成立の影響による信用収縮傾向と、先進国の緊縮財政が景気後退懸念を生み、今後も相場の足を引っ張る原因となる可能性があります。
2010年の実質GDP伸率考慮後の日米市場のイールド・スプレッドの差は日本市場が0.8ポイント割安となっています。米国企業の業績予想の後退でS&P500のPERが15.6となり、日経平均のPERの16.3と同程度となりましたので、金利差分だけ日本市場は割安となりました。

[日経平均上昇の条件]
今後、日経平均がさらに上昇する為には次の前提条件が必要と思われます。
①米国市場の上昇、
②従来以上の今期の予想増益率のUP、
③日米の金利差の拡大、
④日本の2010年GDP予測値(現在+1.8%)の上方修正、
⑤外人の買い越し、
最近の動きを見ると、
①先週の米国市場は上昇しました。その結果、NYDowとNASDAQは8月の高値を抜きました。高値警戒感が出やすい水準となりました。
②日経225採用銘柄の今期予想増益率は75%となり、今期ROE予想値は4.3%から6.9%へ改善しています。
③日本の長期金利が低下し、日米の金利差は1.6%-1.7%で推移し、為替は85から84円台の動きでした。今週は、83から85円台が想定されます。
④今年5月に更新された、OECDによる日米の2010年の実質GDP伸び率は日本が+3.0%で、米国は+3.2%と予想されていますので、この面では日本市場にとって0.2ポイント分の弱気材料です。
⑤9月3週と9月4週は買い越しだった可能性が高く、今週も買い越しが予想されます。
5つのポイントのうち①⑤が強気材料で③が弱気材料でした。今週も引き続き、①③⑤と米国経済指標発表が影響すると思われます。

[テクニカル視点]
日本市場をテクニカル面で見ると、NASDAQとの200日線乖離率差では、8.1ポイント割安となり、先週比2.0ポイント割安幅が拡大しました。
日経平均は、一目均衡表の雲の中に在ります。200日移動平均線乖離率は-6.1%となり先週と比較してマイナス幅が拡がりました。総合乖離率は-3.0%となりマイナス転換しました。2つがマイナスですので中期上昇トレンドは、"黄信号"が点灯しています。日経平均は25日線、9日線の上に在りますので、短期的には"青信号"が点灯しています。
米国市場ではNY Dowは200日線、25日線、9日線の上に在ります。一目均衡表の雲の上に在ります。Nasdaqは、200日線、25日線、9日線の上に在ります。一目均衡表の雲の上に在ります。短期的には青信号"で中期的には"青信号"が点灯しています。

[今週の見通し]
米国市場は中期的上昇トレンドに青信号が点燈していますが、日本市場の中期上昇トレンドの確認にはもう暫く掛かりそうです。株価は半年以上先の景気後退を暗示している面がありますので、200日線を下回る動きが続いている間は、円高と景気後退懸念から、株価低迷が続くと考えておくことが無難と思われますが、米国市場は200日線を上回るところまで回復してきましたので日本市場も追従すると思われます。また、LIBORのドル3ヶ月物金利は低下傾向で、ギリシャ・ショック以前に戻り、金融不安は無くなりつつあります。一方、先進国の緊縮財政志向による需要不足から景気後退懸念を生んでおり、8月は米国の景気指標の悪化も重なって、市場の悪材料となっていました。ただ、9月に入り経済指標は改善傾向が持続しており、米国市場はNYDow、NASDAQともに堅調です。ちなみに、日経平均は、200日線とは、まだ600円ぐらいのマイナス乖離があります。今週の米国市場は、7月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数、9月のシカゴ購買部協会景気指数や9月のISM製造業景気指数などが株価に影響を与えそうです。今週の米国市場は、目先の高値警戒感が出る水準ですので、悪材料が出れば、これに敏感に反応しそうですが、9月に発表されたものは好材料となるものが多いのが実績ですので、今週は、高値圏での揉み合いとなる可能性が高そうです。日本市場はそれに為替の影響を加味する必要があります。


ブログランキング・アップに、ご協力をお願いします。
下のボタンをクリック!

世界の市場のリアルチャートはこちら=>世界の市場のリアルチャート

注目銘柄、日経平均チャートについてはYS総合研究所HPも参考にしてください。