Tuesday, October 29, 2013

[2013/10/30]今後の日経平均の見通し

[市況]
29
日のNYDowNASDAQは上昇しました。30日の日経平均先物は、前日比140円高で寄り付き、午前中は90円高から200円高の範囲でもみ合う動きでした。午後もほぼ同水準でもみ合う展開となり、結局200円高で取引を終わりました。日経平均の終値は176円高の14502円で、出来高は34.81億株と高水準でした。寄り付き前の外国人の売買注文は750万株の買い越しで、高値更新銘柄数と安値更新銘柄数との差は、プラス幅が拡大しました。個別銘柄に関しては、「買い」が有利な状況です。
29
日の米国市場では、9月の小売売上高と10月の消費者信頼感指数が予想以下となり、緩和的な金融政策が続くとの見方が強まり相場を押し上げました。
30日の日本市場では、米国市場が反発したことから朝方は買いが先行しました。後場に入ると円安一服で利益確定売りも出たものの、高値引けとなりました。

[テクニカル視点]
日経平均は、25日線、9日線を上回りました。短期トレンドは赤信号から青信号に変わりました。総合乖離率は+12.3%でプラス幅が拡大しました。200日線との乖離率は+9.1%でプラス幅が拡大しました。日経平均は一目均衡表の雲の上に在ります。3つの要素がプラスですので、中期トレンドは青信号が点灯しています。
また、ドル・ベースの日経平均(海外投資家からの見た目)は200日線、25日線の上に在りますが、9日線の下に在ります。
NYDowは、200日線、25日線、9日線の上に在ります。一目均衡表では雲の上に在ります。
NASDAQは、200日線、25日線、9日線の上に在ります。一目均衡表では雲の上に在ります。米国市場の短期トレンドは青信号が点灯しています。中期トレンドは青信号が点灯しています。
日米市場の200日移動平均線と株価の乖離率の差は、0.5ポイント割安幅が縮まり、日本市場が4.9ポイント割安(弱い動き)となりました。

[
ファンダメンタルの現状認識]
イールドスプレッドの日米差は、OECD2014年予想実質GDP伸び率の日米差(-1.4ポイント)と金利差、予想PERを考慮した結果、ファンダメンタル面では、日本市場が米国市場に比べ 0.12イント割安です
市場は現在、「アベノミクスによる日本経済のデフレ脱却の可能性」、「世界の景気と金・穀物・原油価格の動き」、「米国の景気、雇用状況、住宅市況と金融緩和の行方」、「欧州の債務問題による金融不安の再燃」、「新興国市場の減速懸念」、「為替の動向」といった事柄を材料としているようです。
米国の4-6月期のGDP確報値は2.5%で、改定値の2.5%と変わりませんでした。7-9月期の米主要企業の決算発表内容はまちまちな内容です。
経済指標では、9月の鉱工業生産指数、9月の耐久財受注、10月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数、9月のISM製造業景況指数9月のシカゴ購買部協会景気指数は市場予想を上回りましたが、10月のコンファレンスボード消費者信頼感指数、9月の小売売上高、10月のニューヨーク連銀景気指数、10月のミシガン大学消費者信頼感指数、9月のISM非製造業景況指数は予想以下でした。
9月の雇用統計は就業者数が前月比14.8万人増で、市場予測の18万人増を下回りましたが、失業率は先月の7.3%から7.2%に改善しました。
一方、住宅関連では、9月の住宅着工件数、8月の新築住宅販売件数は予想以上でしたが、9月の中古住宅販売仮契約指数、9月の中古住宅販売、10月の住宅市場指数は予想以下でした。8月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数は前月比で0.9%上昇し、市場予想の0.6%上昇を上回りました。19ヶ月連続の上昇となり改善傾向が続いています。
景気、雇用と住宅関連は回復しつつあり、短期低金利政策は当面継続されるものの、量的緩和の年内縮小の可能性が表明されたことが、長期金利の上昇を生み、新興市場や金など商品市場下落の主な原因となっています。また、中国のPMIとユーロ圏PMIが低迷しており、世界経済の先行き不透明感も残っています。
ギリシャ、ポルトガル、イタリア、スペインなど欧州各国の財政赤字による国債の金利上昇は一服しているものの金融システム不安再燃への懸念を残しています。また、G20での2013年に財政赤字半減との目標は2016年まで棚上げされましたが、需要不足からの世界景気の後退リスクが背景に有り、先進国の財政赤字に対する根本的な解決にはかなり時間が掛かりそうです。長期金利への影響や金融機関の不良資産の増加と投資家のリスク許容度の低下が、今後も懸念されます。このような環境の下で、FRB12年先のインフレ見通し2.5%を上回らない限り、失業率が6.5%以下になるまで短期金利を超低金利で維持するとしていますが、量的緩和の年内縮小の可能性を表明しました。ECBは無制限の国債買い入れを発表し、日銀は1月に2%のインフレ目標設定と2014年から毎月13兆円の金融資産を無制限に買い入れることを決めていますで、ドルが独歩高となり易い環境となっています。
金融不安の気配を知る上で、金融機関間の取引金利の推移に留意することが必要です。ちなみに、指標となるLIBORドル3ヶ月物金利のここ3日の推移は、1025 0.2369% 1028 0.2359% 1029 0.2375%となっています。過去19ヶ月は低下傾向です。最近10ヶ月も緩やかに低下傾向です。2010年のギリシャ財政危機直前の20110503日の0.346%を下回っていますので、金融システム危機懸念は後退していることを示しています。ここ2年の最高金利は201215日の0.5825%でした。
一方、日経平均採用銘柄全体では、今期予想PER16.0PBR1.39となっています。ROE8.7%と日本企業の今期業績は改善傾向です。

[
今後の見通し]
日経平均は、NYDowの上昇に連動して上げました。その結果、NYDowに対する日経平均の短期的なプレミアム(ドルベース・為替考慮後)は-2.0%となり、日経平均は290円の割安で、割安幅はやや縮小しました。プレミアム値は、ここ一週間、-460円 ~+0円の間で推移しています。日本市場は、短期的にはドル・ベースでは米国市場に比べ、弱い動きが続いていますが、今日は弱い動が減速しました。
一方、日本市場を中長期的に米国市場と比較すると、テクニカルには割安で、ファンダメンタルにもやや割安です。
日経平均は、ここからも、米国市場をにらみながら、為替の動向が鍵となりそうです。為替面では日米金利差の推移が引き続き重要ですが、今日の長期金利差は1.92と変わらないものの、ドル円は、円安方向に動きました。直近の米国長期金利は低下し、円高圧力が強まりました。
テクニカルには、米国市場は、中期上昇トレンドで、短期も上昇トレンドです。一方、日経平均は中期上昇トレンドで、短期も上昇トレンドです。
ファンダメンタル面では、米金融緩和縮小は新興国経済と市場にどの程度影響するか、新たな金融危機を誘発するか、世界の景気は拡大か後退かが、今後もテーマとなりそうです。
目先の状況を分析すると、米国の金融緩和縮小懸念で下落した新興国市場は戻り歩調です。LIBOR銀行間金利は昨年年初から低下傾向です。これは、不良債権問題への懸念は後退し、金融不安は当面回避されていることを示しています。ただ、上海銀行間取引金利が目先上昇傾向で、中国のシャドーバンキング問題に注意が必要です。一方、世界景気の減速懸念も完全には払拭出来ていない中、7-9月期の米国企業決算内容は今のところまちまちです。米国の雇用状況は改善傾向ながら勢いは今一つで、直近の経済指標、住宅指標はまちまちです。FRBは米景気を改善傾向と判断し、量的緩和の年内縮小の可能性を一旦表明しましたが、結局9月のFOMCでは緩和継続を決定しました。長期金利は低下傾向で、市場は緩和縮小開始時期を来年以降と読んでいるようです。このような相場環境の中、30日の米国市場では、10月のADP雇用統計、FOMC結果やフェイスブック、GMなどの四半期決算が注目されそうです。

今日の日経平均は、想定した25日線の上で推移しましたが、上値は想定値近辺となりました。目先の日経平均の上値はボリンジャーバンド+1σ(現在14640円近辺)で、下値は25日線(現在14380円近辺)の間での動きが想定されます。


ブログランキング・アップに、ご協力をお願いします。
右のボタンをクリック!

世界の市場のリアルチャートはこちら世界の市場のリアルチャート

注目銘柄、日経平均チャートについてはYS総合研究所HPも参考にしてください